7/14/2013

公式ワールド改造とカラーランプ

進撃の巨人、スクショ撮影専用World、ほぼ完成しました。
こんな感じ。


3日間で作ったにしてはまあまあかなー、と自己評価。
とはいっても、土曜日丸一日費やしての3日間ですけどw



以前のスクショと比べると、テクスチャの色が若干変わっているのが分かるかと思います。
進撃のアニメに合わせて、黄色味の強かった草のテクスチャを、少し緑寄りにして彩度を下げました。土のテクスチャも若干彩度下げ。

それともう1つ、進撃の舞台とフランスWorldの違いは植生です。進撃の舞台は明らかに北方で、郊外は針葉樹メインなんですよね。街中には広葉樹らしい木も生えてるんですが。
フランスWorldはオーク・チェスナットとアッシュ、ところどころに糸杉なので、山間部のこれを少し間引いて代わりにモミの木を植えました。

lotの作りこみはこれくらいです。


窓の内側がカラッポなのがバレバレですねw


と、こんな感じの改造World作成の簡単な解説を。

■ World改造


必要なもの

  • CaWのインストール …IPが発売されて、バージョンが上がっています。最新版をインストールしてください
  • ある程度の高性能PC …うちはIntel Core i7-2600にRAM 8Gですが、作業中にしょっちゅう、ノートン先生から「CPUがいっぱいいっぱいですー」の警告が出ます。EA公式Worldは全て2048×2048のlargeサイズなので、CaWで開くだけでかなり重いです。うちのPCのスペックくらいが最低ラインかと思います。

作成方法

  1. こちらのサイトさんから、改造したい.worldデータをダウンロード
  2. CaWで開いて改造
CaWリンク集を修正したので、必要な資料は全てリンク先で調べられます。

以前にも書きましたが、カラーランプや.iniを自作・改造する際は、CaWでの.worldファイルの保存場所は、CaWでセーブの際にデフォで開くフォルダにしたほうがいいようです。

カラーランプなのですが、最近の公式Worldではドラゴン・バレーがとても特徴的です。
フランスなどのバケーションワールドは、元々晴れと曇りのファイルしか入っていないので(それ以外の天候はデフォ設定)、ドラゴン・バレーの.iniとカラーランプを入れてみました。

元々のフランスのカラーと比べてみます。
まずフランス。

フランス 晴れ 15時
フランス 晴れ 18時

そしてこちらが、ドラゴン・バレーのカラーランプ。

DV 晴れ 15時
DV 晴れ 18時

空と水の反射が、緑寄りの水色ですよね。
それと太陽のグロウ(でしたっけ??) が強い。
フランスは光の色が青みがかっているのに比べ、DVは太陽光の色に近い感じ。電球の色的にいうと、フランスが昼光色で、DVが電球色というところでしょうか。

実は、曇りだともっと差が分かりやすいことに気づきました。

フランス 曇り 15時
フランス 曇り 18時
フランス 曇り 19時

DV 曇り 15時
DV 曇り 18時
DV 曇り 19時

次からは曇りで比べようと思います。

進撃撮影Worldなのですが、今ちょっと青々とし過ぎているので、地面にもっと土の色を露出させるともっとTVの背景に近くなるとは思うのですが…。2048×2048のワールドのペイントを始めてしまうとキリが無いんですよね…。
それでなくても、撮影用なんだから関係ないのに、ちゃんと道路を全て接続させたりとか、無駄に凝ってしまっているのに!w

Sims3は、2に比べてハーフティンバーが作れる壁紙が少ないのが悲しいところです。さすがにCCまで自作するのは止めて、有りモノで妥協しました。

さてと、ここまでできたから、次は撮影…、いや、もっと改良したい! と、今、心が揺れているところですw

2 件のコメント:

  1. お~これはワクワクせずにはいられない!

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!
      すみません、これは配布はしないんです、というか、杜撰な箇所があまりに多過ぎて、とても配布できるクオリティではありません^^;;;
      今後、これでいろいろとスクショを撮影して、掲載させていただく予定です!

      削除