11/07/2012

【APH第2章】オーストリアさんと私 ep.05

自作World「Emeraldy」を舞台にした、ヘタリアのキャラたちのプレイ日記、1.42パッチ後の初プレイです。
第1回はこちら
それでは、どうぞ。

夜、街の一角がなんか光ってるなー、と思って見てみたら…。
漆黒のユニコーンがいました! 初めて見ましたよ。

ハ「すごい! 本物! 角はえてる!」
元騎馬民族のハンガリーさんは馬大好き。
当然行きますよ、ええ。

ハ「ごめんなさい、オーストリアさん…」
でも十代の子が夜中に外出してはいけません。
当然、お説教。外出禁止令を出されてしまいました。

…でも、夜遊びの罰で外出禁止になって、学校に登校しても怒られるって、なんか納得いかないよね?


しばらくおとなしくしてたら、許してもらえました。

さて、その夜、外出したオーストリアさんの行き先は…?

フ「よろしくねー」
イギリスさんとフランスさんが住む家。
実はこの家、今、ペットの里親サポートをやっているんです。

そして、もらってきたのは…。

ハ「うわーん、カワイイ!」
馬ですよ、子馬。真っ白な子馬!
子馬をもらえるのは里親からだけですからね!


なんだかんだでハンガリーさんに甘いオーストリアさんなのです。


さて、いよいよ週末が やって来ました!
朝からみんなでお出かけです。もちろん、行き先はビーチ!


でも、放っておくとアウトドア好きのハンガリーさん以外は、水着にも着替えず読書してしまう…。
仕方ないので泳ぐように指示。


初の海水浴。子供のイタちゃんも上手に泳げています。

ハ「ん~、気持ちいい!」
浅いところだけかと思っていたら、けっこう沖まで泳げます。
もしかして、向こうの島まで泳いで行けたりする…?

オ「さすがに疲れました…」
行けました!
実は際限なくどこまでも泳げる?!

…いや、怖いので試しませんけども。


翌日曜日は、ビーチで水着パーティーを開くことに。


みんな集まってきました。呼んでない人も交じっています。
ちなみに、彼らの水着の色は、それぞれの国旗の色からとっています。


会場借りてパーティー開くと、こんなムードがつくんですね。

オ「どうぞよろしく」
初対面の方にご挨拶。
ギリシャさんです。


砂浜で怪談話を始めるギリシャさん。リヒテン大喜び。
そういえば、リヒテンだけは国旗カラー無視でした。

パーティーは「ささやかな成功」に終わりました。


ep.06へ続く

0 件のコメント:

コメントを投稿