3/23/2014

Custom Distant Terrains 01

実験が思いのほかスムーズに成功したので、自分用メモ。



チュートリアルはこちら。
Custom Distant Terrains: Would you like to make one too? Research and info here

必要なツール
S3OC, S3PE , Helpers for S3PE, ObjTool and mesh import plugins for MS, Milkshape 3D
 チュートリアルを参考にブリッジポートのDTをMSで読み込んでみたのがこちら。



やはりデカい…。ホイールめっちゃくるくる回さないと全体が見えませんw
とりあえずx軸z軸のみ50%縮小してエクスポート。packageにしてCaWで読み込んでみました。


パッと見ただけでは分かりづらいですが、下のマップはミドルサイズなので、ちゃんと縮小されています。
ビル群部分のテクスチャ画像をピンク色に塗っておいたので、ちゃんと自作テクスチャも反映されているのが分かります。
Sims3Pack化してインストールしたところ、ちゃんとゲームでも反映されていました。

うーん、案外ここまでは簡単にいきました。昔は「こんなのできないよー!」と思っていたのに、服作りでMeshingを少しずつ覚えた成果ですねっw
UVが案外シンプルで、ビル部分とかを除いて上から見たそのままなので、案外テクスチャ変更も楽かも。

で、そのワールドのヘイトマップから新規ワールド作成すれば…。なんかけっこうスムーズにワールドの土台が完成してしまうような気がする…。気がするだけかも知れませんがw
問題はDTを置く座標かな。ラージサイズそのままで使う際の座標はMTSのフォーラムなどに資料があるのですが。
あ、でも、もしかして x軸z軸それぞれ半分の値を入れればいいのか? 本当か??
私、数学苦手なのでいまいち確信が持てませんがw

もう1つ問題があるとすれば、1/2縮小してしまうので小さくなった分、もしかしたらそのワールドでプレイ中、カメラを上げるとDTの向こう側の水が見えてしまうかもっっw
これは、周囲が山になってるDTをhight300で作ればいいのでしょうが、なるべく軽く作りたいし。それに、イギリスの街を作る予定なので、高い山が四方にそびえているのはおかしいし…。
うーん…。 どうしよう??? まあこれも実験してみるしかないか。

DTの全体像のスクショを撮るのはたぶん不可能なので(超高性能PC+大画面モニターならいけるのかな??) 、これからテクスチャ画像だけいろいろ撮って資料作ろうと思います、自分の検討用に。

あ、もう1つ個人的に問題なのが、ミッドナイトホロウのセールはいつ来るかということですw
ドラゴンバレーのモデルはアイルランドなので、やっぱりちょっと違うんですよね。MHがイギリスなので欲しいんです。もちろんラビットホールの為です。これは作れませんからねー。いや、頑張ればこれも自作できるのかも知れませんが…、さすがにちょっと…w

次はワールドのセールこないかなー!

0 件のコメント:

コメントを投稿