10/07/2012

【APH第2章】オーストリアさんと私 ep.04

Sims3でヘタリア、オーストリア家のプレイ日記。
第1回はこちら

では、APH第2章、エピソード4です。


オーストリアさん、早々とピアノのスキルをカンストです。

イタ「今度はあの曲が聴きたいです~」
何しろ毎日毎日、朝起きたらパジャマのままピアノへ直行→1日中演奏、の繰り返しですから。
でもさすがに、子供たちが学校から帰ってきてもまだパジャマのままなのはどうかと…。


たまには外に出ないとね、ということで、ピアノのスコアを買いにブックストアへ。

そして帰りは寄り道をしてみました。というのも、公園でピクニックしている人たちを見かけたのです。

オ「おや、あれは…」
ご近所の、フランスさんとイギリスさんです。
さあ、これを機にお友達に…。

しかし、1人で読書を始めてしまうオーストリアさん。
ほら、なんかお得意の芸術関係の話してますよ、彼ら!

ようやくフランスさんと話を始めました。最近、農業立国してるフランスさんの話題は園芸のようです。
一方、ゴーストの話をしているイギリスさん。向こうにスペインさんもやって来たようです。

が、飽きてしまったのかオーストリアさん、とっとと帰宅してしまいました。イギリスさんはともかく、フランスさんとは同じ芸術好き同士、趣味が合いそうなものなのに、やはりフランスは嫌いなのか…?


翌日。
リ「こんにちは、お邪魔します」
学校帰り、ハンガリーさんのクラスメイトのリヒテンが遊びに来ました。

いつものように、まずは座り込んで宿題。

宿題が終わったら2人で何かするのかと思いきや、1人でステレオをつけてジュースを飲み始めるリヒテン。

ハ「オーストリアさんのピアノはやっぱりステキ…」
何しろこの家の人たちは皆、こんなですから…。ピアノに夢中で、お客さんをもてなす気ゼロです。

お腹がすいて、ようやく演奏をやめたオーストリアさん。料理を始めました。これはサラダですね。

ようやく女の子同士でおしゃべりを始めた2人。
年頃の女の子にとって、「男 >>>>> 女同士の付き合い」なのは割と当たり前です。

そろそろおねむの時間。
イタちゃん、何を思ったのかリヒテンに本を読んでもらうことにしました。
夜も遅いというのに、やさしく寝かしつけてくれるリヒテン。いい子です。

うん、でもね、子供への読み聞かせに、その本はどうかと…。

イタ「なんか…違う…ムニャ」
そしてまた、オーストリアさんのベッドで寝てしまうイタちゃん。
なんとなくベッドに違和感を感じているようですが、目覚めることはなく…。

オ「ふう…、またですか」
またしてもこうなるオーストリアさん。

ep.05へ続く

0 件のコメント:

コメントを投稿