9/30/2012

【APH第2章】オーストリアさんと私 ep.03

カスタムワールドEmeraldyを舞台にしたプレイ日記です。
街の住宅はどれも全て、ヘタリアのキャラクターたちが暮らしています。

エピソード1はこちら

では、APH第2章、エピソード3です。



引っ越してきて初めての週末です。
ハンガリーさんは、親しいお友達を招いてパーティーを開くことにしました!

リ「お兄様、ステキです…」
来るなりピアノを弾き始めたのはスイスさん。
リヒテンがすかさず見にきました。

その後ろは、スペインさんです。


スイスさんが離れたわずかな隙にピアノを確保。お客さんなどお構いナシに、延々と演奏を続けます。


夜になってもダラダラとテレビを観ながら居座るロマーノ。その後ろでせっせとお掃除するイタちゃん。
兄弟なのに、なぜこんなに性格が違うのでしょう??


みんなバラバラに好き勝手していただけなのに、パーティーは大成功。
オーストリアさんの高レベルのピアノだけで、おもてなしは充分ということのようです。


そして今夜は満月…。

やめればいいのに、ベッドの下をついつい確認してしまうイタちゃん。

イタ「ビクッッッッッ」
イタ「ウワァァァァァーーーン!!」
イタ :  …パタッ


イタちゃん、恐怖のあまり失神してしまいました…。


一方、その頃。
何も知らないハンガリーさん、お腹がすいたので料理を始めました。

ハ「だってパーティーの間、何も食べられなかったんだもん」


そして完成した物体 ↑

モンスターよりも恐ろしいものを作り出してしまうハンガリーさん…。


ep.04へ続く

0 件のコメント:

コメントを投稿